「沖縄そば」と「長崎ちゃんぽん」

那覇の高台にひっそりある古民家を利用した お店「御殿山」(うどんやま)さんで「沖縄そば」♪

DSC01347.jpg

ソーキそば」と「じゅーしー」を注文('-'*)フフ

そばが出来るまで、オリオンビール♪ 沖縄の気候には、スッキリした喉越しの「オリオンビール」がベストマッチ(゚ー゚)(。_。)ウンウン

DSC01337.jpg

オリオンビール」は、アメリカ合衆国統治下の1957年、社会経済復興には第二次産業(製造業)を興さなければいけないという 創業者 故具志堅宗精氏の強い信念と、青少年に大きな期待と夢を持たせたいとの希望から、県民の協力の下に設立されました。

当時、亜熱帯地方での製造は困難といわれる中、ドイツからホップ、モルト、ビール酵母を輸入して「ビール製造」に着手し成功させた、沖縄県民にとって戦後復興の象徴が「オリオンビール」です。

「BEGIN」の「おじい自慢のオリオンビール」♪

オリオンビール」の歴史・・・ウチナースピリッツを感じますね♪BGMにどうぞъ( ゚ー^)イェー♪



じゅーしーは豚肉、椎茸、人参、ひじき等を入れた沖縄の炊き込みごはんです(*'ー'*)ふふっ♪

DSC01339.jpg

とろとろの軟骨ソーキがドーン!!「美味い!!」

DSC01338.jpg

麺をリフトアップ♪

DSC01340.jpg

今日は、この「沖縄そば」の麺のお話を・・・

沖縄そば」の麺の独特な風味はガジュマルの「灰汁」を加えて打たれるからです。

灰汁」を加えて打つ麺には、私の故郷、長崎の「ちゃんぽん麺」も同様です。

P1000012.jpg

長崎ちゃんぽんの「灰汁」は「唐灰汁」が用いられます。

麺の形状は異なりますが、風味が似ています(゚ー゚)(。_。)ウンウン

私が知る限り「灰汁」を用いた麺は「沖縄そばの麺」と「長崎のちゃんぽん麺」だけと思われます・・・多分

写真のちゃんぽんは「リンガーハット」のちゃんぽん・・・

P1000011.jpg

残念ながら「リンガーハット」のちゃんぽん麺には「唐灰汁」は使用されていません(゚ー゚)(。_。)ウンウン

長崎以外でも「ちゃんぽん」は有りますが、「唐灰汁」で打たれた「ちゃんぽん麺」を長崎以外の地域で食したことはありません(-ω-;)ウーン

友人談によると「唐灰汁」は薬品のため、使用に関して許可が必要なため、長崎県以外の製麺所では用いられないみたいですね…(´・∀・`)ヘー

中国文化が色濃く残る「沖縄」と「長崎」の共通点・・・

沖縄名物料理の「ラフテー」と長崎名物「豚の角煮」東坡肉(とんぽうろう)・・・味付けは若干、異なりますが・・・

DSC01489.jpg

個人的には「ラフテー」の方が 泡盛で煮るためか あっさりしていて好きです('-'*)フフ

沖縄にも「ちゃんぽん」はありますが沖縄のちゃんぽんは、ご飯ものになります・・・(卵入り野菜炒め等をご飯にのせた物)

こういう小さーい事を思い、考えながら食後の一服~~-y(・ε・ ) フー

アメリカ軍占領下にあった沖縄県で、1960年に発売された たばこ「うるま」です。

DSC01584.jpg

250円、沖縄限定販売です。

高年者に支持者の多い、本土の「エコー」や「わかば」みたいな銘柄かな('-'*)フフ

ブログランキングに参加しています♪
下のボタン2つ、「ポチッ」としてもらえたら励みになります♪ご協力、おねがいします♪



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

沖縄美ら海水族館と瀬底島♪ (11/19のツイート)

ron3par3

沖縄美ら海水族館なう♪ジンベエザメ凄すぎ!('∇`) http://t.co/9zJMdr6G
11-19 11:58

DSC01460.jpg

海といったらこの人だなъ( ゚ー^)イェー♪
「Jack Johnson」の「Upside Down」をBGMにどうぞ♪



沖縄美ら海水族館(おきなわちゅらうみすいぞくかん)は、国営沖縄記念公園・海洋博覧会地区(海洋博公園)内の世界最大規模の水族館です♪

中でも「ジンベエザメ」や「マンタ」がゆうゆうと泳ぐ巨大水槽は圧巻です!!

(写真をクリックすると拡大します)
DSC01456.jpg DSC01462.jpg DSC01469.jpg


水族館内には大小様々な水槽に、様々な種類のお魚が泳いでいます(*'▽'*)わぁ♪

(写真をクリックすると拡大します)
DSC01450.jpg DSC01437.jpg DSC01436.jpg

水族館周辺にはイルカショーがみれる「オキちゃん劇場」や「ウミガメ館」「マナティー館」があります(=v=)ムフフ♪

マナティー♪ おっとりしていて可愛いです(*'ー'*)ふふっ♪

DSC01477.jpg

ウミガメ♪ 癒されます~(*'ー'*)ふふっ♪

DSC01483.jpg


移動を急かされて、もっと「ジンベエザメ」も見たかったし「イルカショー」も見れないまま「美ら海水族館」を後にしました
ε-(ーдー)ハァ

瀬底島なう♪やどかりに噛まれてるなう('∇`) http://t.co/bHSgurFy
11-19 14:39

450393146[1]

移動途中、何気に気になって予定には無かったのですが「瀬底大橋」を渡って「瀬底島」へ行こうと提案しGO!!

人も車も見かけないので「サトウキビ」の観察をしたりしました('-'*)フフ

初、沖縄の小僧くん・・・ちょっととまどってます('-'*)フフ

DSC01490.jpg

ビーチもありましたが、天気が悪いしシーズンオフだからなのか誰もいません・・・

DSC01493.jpg

なんだか良くわかりませんが、みんな盛り上がってました(^▽^)/

みんな清い海・・・美ら海が好きなんですよね('-'*)フフ

ちなみに私の故郷、長崎には世界最小規模ではと思われる、「長崎ペンギン水族館」があります・・・(-ω-;)ウーン

ブログランキングに参加しています♪
下のボタン2つ、「ポチッ」としてもらえたら励みになります♪ご協力、おねがいします♪



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

沖縄旅行 首里城 2 & 沖縄の人気パワースポット 斎場御嶽!!

首里城内」に靴を脱いで、おじゃましまーす('-'*)フフ

「番所(ばんどころ)」から入って「南殿(なんでん)」までの展示室及び通路及び、城内の一部エリアは撮影禁止となっていますので、見学順路に撮影した場所のみ紹介します♪

シーサー(獅子)にちなんで「Bob Marley」の「Iron, Lion, Zion 」をBGMにどうぞ♪


書院、鎖之間(さすのま)を見学します('-'*)フフ

DSC01371.jpg

こちらの建物は、日本様式が色濃い建築物です。

書院では国王が日常の執務を行ったり、中国皇帝の使者(冊封使)や那覇駐在の薩摩役人を招き、ここで接待を行うこともあったんだって (・0・。) ほほーっ

鎖之間は王子などの控え所であり、また諸役の者達を招き懇談する、御鎖之間(おさすのま)と言われる広間がある建物。

DSC01369.jpg

こちらで、琉球のお菓子とお茶をいただきました(/◎\)ゴクゴクッ・・・

お茶は沖縄ではポピュラーな、さんぴん茶(ジャスミンティー)でーす(*'ー'*)ふふっ♪

お菓子は、花ぼうる、くんべん、ちんるいこう、ちんすこうの4種の焼き菓子です(*'ー'*)ふふっ♪

DSC01368.jpg

正殿に入ります♪

2階の御差床(うさすか)国王が座る玉座です。

正殿には、国王の象徴である龍が目立ちます(゚ー゚)(。_。)ウンウン

DSC01382.jpg

1階の御差床(うさすか)

DSC01377.jpg

北殿。サミットの晩餐会に利用された場所でおしまいヾ(*'▽'*)o マタネー♪

DSC01383.jpg

沖縄本島最強のパワースポット「斎場御嶽」へ

御嶽(うたき)は、琉球信仰の祭祀などを行う施設で「斎場御嶽(せーふぁうたき)」は最高位の御嶽(うたき)とされていて、パワースポットとして最近の沖縄県南部の観光では最注目されているんだって♪

2000年に「首里城」等と共に世界遺産に登録されています。

御嶽内へ入る参道の入り口です(^ー^* )フフ♪

DSC01547.jpg

周辺の森林は、戦災を逃れた数少ない所で、沖縄本島南部に於けるもっとも優れた森林の一つなんだって(・0・。) ほほーっ

亜熱帯地方の森林の中、静で穏やかな空間と時間に癒されながらも、神社、仏閣等に共通する凛とした「気」が満ちています(゚ー゚)(。_。)ウンウン

三庫理(サングーイ)

斎場御嶽」の象徴的な場所です。

突き当りが拝所となっています。

DSC01564.jpg

東に琉球王国の聖地、「久高島」が見えます。

同僚に「久高島」を眺めながら「琉球神話」や「久高島」の事を話ていたら、いつの間にか、背後で数組の観光客の方々が、私の話を聞かれていました(/ω\) ハジカシー

私が数年前、最初に訪れたときには入場無料で、全く注目されていない場所だったのですがパワースポットブームから以降なのか入場料200円、案内用のリーフレットも用意されていました('-'*)フフ

DSC01557.jpg

さらっと、「首里城」や「斎場御嶽」「琉球国」の事を書いてみましたが、その実、深~い内容で、今ある中国との「尖閣列島問題」や、沖縄の方々が抱える本土に対する複雑な思いの根底にあるものを感じたりします(゚д゚)(。_。)ウン!

マリンスポーツに興じたり、ショッピングを楽しんだり、沖縄戦跡をめぐり戦争の悲惨さを感じたり…教科書では教えてくれない沖縄の歴史にふれたり…

海外も同様ですが、その国の歴史や文化、風習を知ることで見えてくるものってたくさんありますね♪

ブログランキングに参加しています♪
下のボタン2つ、「ポチッ」としてもらえたら励みになります♪ご協力、おねがいします♪



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。