ジブリ作品の背景画も手がけた山本二三氏の個展と長崎の穴場絶景ポイント@長崎県美術館

長崎県美術館”で開催中の、「山本二三展」に行ってきました♪

山本二三”氏は、「未来少年コナン」の美術監督に抜てきされて以降、“スタジオジブリ”の映画「もののけ姫」の神々しい森や、「天空の城ラピュタ」の空中都市の他、「火垂るの墓」の神戸市と西宮市近郊の町並みや風景と焼け野原など、詩情あふれる背景世界を手がけた長崎県五島市出身のアニメーション美術監督です。

アニメーション作品の背景画は、あくまでも作品の素材のひとつでしかありませんが、背景画を見るだけでその作品の持つ情感が伝わることから“山本二三”氏の力量を知ることができますね。

nagasakibijyutukan201304281.jpg

また、ジブリ作品に代表される美しく癒やされる「雲」にかけては第一人者で、“山本二三”氏の描く雲は、“二三雲”と呼ばれ国内外で高い評価を受けられています。

ジブリ作品ではありませんが、“二三雲”を代表する作品のひとつが、“時をかける少女”(踏み切り)の背景です。

513dN16COIL.jpg

山本二三展」は、6月23日まで“長崎県美術館”で開催中♪


詳しくはこちらのサイトで→長崎県美術館・開催中企画展情報

長崎県美術館”は隣接する、長崎湾・出島ワーフ・水辺の森公園と調和を図られた美しい美術館です('-'*)フフ

美術館屋上の庭園は、地元TV局や雑誌等で、来崎した芸能人や著名人へのインタビュー等の撮影地としてよく用いられていますが、以外と知られていない絶景ポイントです。

teienokujyou201304282.jpg


長崎にお越しの際は、長崎駅にも近い“長崎県美術館”に立ち寄られてみてはいかがでしょうか♪

ひとあじ違う、ちょっとおしゃれな長崎のお土産をお求めの方には、人気の館内のミュージアムショップもおすすめです。

関連記事

「長崎県立美術館」と「福山雅治」さんと「長崎皿うどん」

ジミーペイジと長崎県立美術館とウルトラマン♪

今日の名言

あんまり自分がやりたいと思っていることを分析しようと思ったことはないんです。
分析した途端にくだらなくなってくるから。 by 宮崎駿



ブログランキングに参加しています♪
「ポチッ」としてもらえたら励みになります♪ご協力、おねがいします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。