V・ファーレン長崎のホームスタジアム長崎県立運動公園陸上競技場の芝

さーッ、明日、2013年3月20日は J2 第4節 “V・ファーレン長崎” VS “カターレ富山”戦だッ!!

ホーム、“長崎県立総合運動公園陸上競技場”、13:00キックオフ!!

V・ファーレン長崎”のホームスタジアム、“長崎県立総合運動公園陸上競技場”のです。

ゴルフをやっていたせいか、の質が気になります。

siba20130317.jpg

V・ファーレン長崎”のホームスタジアムのは、社団法人長崎県公園緑地協会が管理され、クラブの意向を聞いて20mm~25mm程度にカットされます。

また、サッカー場のが縞模様に見えるのは、芝刈り機がすすんだ方向にが倒れ、芝目に光が反射することで縞模様のように映ります。

kyougijyou201303171.jpg

フィールドのが長ければ、ボールは止まりやすいし、短ければよく転がります。

一説には、南米のは長く止まりやすいので、足技を使う個人技が多用され、欧州のは短くボールの転がりが早いので、展開の速いパスサッカーが多いとの説もあるくらい、ピッチのとクラブの戦術、戦略には深い関係があります。

本来、日本の(ノシバ・コウライシバ等)は、冬には枯れるものですが、冬でも青々としたサッカースタジアムの冬芝(ベントグラス等)との二毛作等が行われ、管理は並大抵な苦労じゃないみたいです。

こちらの写真は、お客さんの近所の畑から撮影した、日本プロゴルフ選手権でも有名な“パサージュ琴海アイランドゴルフクラブ”の全景ですが、同時期に撮影した、“V・ファーレン長崎”のホームスタジアム、“長崎県立総合運動公園陸上競技場”のの色と比して茶色く枯れているのが分かりますよね・・・わかるか・・・な
(-ω-;)ウーン

20130303gorufujyou.jpg

日本の芝の競技場が、通年緑化をはかるようになったのは、1981年、国立競技場で始まった『トヨタカップ』で、年末の枯れたの国立のピッチを、スーパースターの選手達はもとより、内外のマスコミに、大きく批判されたことがきっかけになったらしいです。

グリーンキーパー方々の日々の管理があってこそのの競技場です。

ゴルフやサッカーなど、の競技場を使うときはターフを削り取ったらもどす、ダフッて地面を掘ってしまったら目土を入れる、皆が気持ちよくプレイできるよう、マナーを守って楽しみましょうね♪

あっ、“V・ファーレン長崎”応援の記事にしようと思ってたらの記事になってしまった(-ω-;)ウーン

明日こそ、勝利だッ!!“V・ファーレン長崎

ファイトだッ!!“V・ファーレン長崎


日本の競技場の芝に関して参照、一部引用した記事:競技場の芝師と緑の悪魔 中央公論97年5月号

今日の名言

ぼくは国立競技場の芝の、柔らかすぎない、でも痛くない、あの感触がとても好きだ。
選手にとって、芝は激しい戦いを見守ってくれる神聖なものなんだ。by レオナルド



「ポチッ」としてもらえたら励みになります♪ご協力、おねがいします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

行きたいけど、
行けない。

今日は仕事で応援に行けないです。
悲し過ぎます。
ウウウ・・・(泣
ポロポロポロ←涙の落ちる音
Re: 行きたいけど、
いけ君さま

私も仕事です・・・

地上波ではTVもラジオも中継やっていなし・・・

V・ファーレンのツイッターでしかリアルな情報は得られないです・・・
  • 2013/03/20 16:30
  • ron3par3
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。