負の世界遺産“原爆ドーム”と、広島の戦後復興と共に歩んできた老舗喫茶店“朝日珈琲サロン”

広島観光の朝は“朝日珈琲サロン”からスタート♪

朝日珈琲サロン”は1949年、戦後復興真っ只中の広島で“喫茶セブン”を開店されたご主人が、1958年、戦後初めて建設された本格的ビル“朝日会館”の竣工と同時に出店された、広島の老舗喫茶店です♪

昭和の“The純喫茶”ってスタイルの店内には、ゆったりとした時間が流れています。

asahi201303242.jpg

ネルドリップの珈琲にトースト、スクランブルエッグ、サラダ、味噌汁が付いた朝日セット♪

同じく、ネルドリップの珈琲にサンドウィッチ、果物、味噌汁が付いたサンドセット♪


(※写真をクリックすると拡大します)

moninngu120130324.jpg mo-ninngu21.jpg asahi20130324.jpg

広島の戦後復興と共に歩まれてきた“朝日珈琲サロン”さんに敬意を表しつつ平和記念公園に向かいました。

怒りの広島 祈りの長崎”といわれる原爆の被爆地、両県にある平和記念公園(長崎は平和公園という)。

平和記念公園内にある“原爆死没者慰霊碑”の奥に“平和の灯”の炎がゆれ、その先には原爆ドームが位置します。

kinenhigennbaku201303244.jpg

慰霊碑に手を合わせ、石碑前面に刻まれる、「安らかに眠って下さい 過ちは 繰返しませぬから」の言葉を深く心に刻みました。

平和記念公園設計の起点となっている原爆ドームを様々なアングルで眺めながら、公園内を散歩しました。

gennbakudomu201303243.jpg

負の世界遺産として有名な“原爆ドーム(1996年ユネスコ世界遺産(文化遺産)登録)

原爆ドーム”は、チェコ人の建築家ヤン・レッツェルの設計により、1915年(大正4年)広島県産の製品の販路開拓を目的に“広島県物産陳列館”として竣工。
(被爆時の名称は、“広島県産業奨励館”)

ドームの高さは約25m、ネオ・バロック様式の外格から、被爆以前の姿は、きっとモダンな建物であった事でしょう。

gennbakudomu201303245.jpg

原爆(核兵器)の悲惨さを、後生に伝え続けていくことは、被爆地である広島・長崎では非常に重要な事です。

私も子供の頃、祖母に原爆投下の時の話を聞かされていました。

親戚にも被爆者の方がいらっしゃった事から、戦時中の昔話とは少し異質な話です。

gennbakudoumuireihi20130324.jpg

長崎では原爆が投下された8月9日、“長崎原爆の日”は、夏休み中の長崎県下の小・中・高の学生達は登校日となり、原爆が投下された11:02には町中のサイレンが鳴り渡り、黙祷を捧げます。

原爆ドーム”は当時のことを知る方々が高齢になり語り継ぐ事が困難になってきている今、そして未来、原爆の恐ろしさと悲惨さを風化させることなく伝え、平和の大切さを教える、もの言わぬ語り部としての役割を担う遺産になるんだろうな。

原爆ドーム”を後に、平和記念公園の桟橋から神の島“宮島”へ船で向かいます♪

fune220130324.jpg

今日の名言

あの痛々しい産業奨励館だけが、いつまでも、おそるべき原爆のことを後世に訴えかけてくれるだろうか。by 楮山ヒロ子 (1歳のときに被爆し、被爆による放射線障害が原因とみられる急性白血病のため16歳で亡くなった)

この言葉を記した、彼女の日記に感銘を受けた平和運動家の河本一郎が中心となって保存を求める運動が始まり、1966年に広島市議会は永久保存することを決議する。



「ポチッ」としてもらえたら励みになります♪ご協力、おねがいします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

こんばんは
朝日コーヒーサロンってレトロな雰囲気が漂ってますね(#^.^#)

村ポチ★

今日も一日おつかれさまでした。
  • 2013/03/28 18:59
  • 大分ナシカ
  • URL
  • Edit
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2013/03/29 16:52
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。