田植えと、忌野清志郎の『よごれた顔でこんにちは』

昨日、2013年6月22日から田植えが開始され、ちょっと忙しいな~(^_^;

長崎の実家に帰って約6ヶ月・・・子供の頃以来の田植え・・・

正直言うと、子供の頃・・・特に中高校生の思春期の頃は大嫌いだった田んぼや田植え・・・

作付面積が多いのでピリピリムードもあり、忙しいけど水の張られた田んぼの景観等、悪いものではないですな('-'*)フフ

tannbo20130623.jpg

家族でお米を作られている、地元から離れた幼なじみ等も田植えの時期には、田植えにかり出されるようで懐かしい顔の面々と言葉を交わします('-'*)フフ

田植えの時期の田んぼでは、議員さんも公務員さんも、大手企業のエリートサラリーマンも、その日暮らしのフリーターも、年金暮らしの高齢者も関係なく、雨や土にまみれて汚れた顔で声を掛け合わされています('-'*)フフ

て事で今日は『清志郎』の『よごれた顔でこんにちは』でも聴いて寝酒でも飲んで寝ようzzz



ちなみに『よごれた顔でこんにちは』は、1976年発売のシングル『わかってもらえるさ』のB面の曲♪

RCサクセション”のアルバム『EPLP』に収録されてます♪

今日の名言

大人になると、人生がつまんなくなっちゃうって思ってる方が、若者の中にもすごく多いと思うんですけど、そんなことはないです。by 忌野 清志郎



ブログ村ランキングに参加しています♪

「ポチッ」としてもらえたら励みになります♪ご協力、おねがいします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Comment

こんばんは
農繁期は農家の息子さんは勤めが休みの日は駆り出されますよね~。

ナシカの友人のミカン農家にお手伝いに行ったことがありますよ。

村ポチ★

今日も一日お疲れ様でした。
  • 2013/06/24 18:23
  • 大分ナシカ
  • URL
  • Edit
忌野しゃんは、歳とるほどいい感じに
なってきた方だったですよねえ
田んぼの用水路に今はどじょうとか
居ないんだろうなあ
Re: こんばんは
大分ナシカ様

田植え、稲刈りは家族総出って所がほとんどです♪
  • 2013/06/26 16:05
  • ron3par3
  • URL
Re: タイトルなし
たしかに、どじょうは見かけませんね~(^_^)

代わって外来種のジャンボタニシってやっかいなのが、長崎だけではなく、佐賀や福岡にも居るみたいです(^_^;
  • 2013/06/26 16:29
  • ron3par3
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。