JR2枚切符で長崎~熊本へ@『うまスタ』その後、下通りの老舗喫茶店『中川』へ

2013年J2 第38節 ロアッソ熊本 VS V・ファーレン長崎』を観戦に熊本『うまスタ』に行ったつづき・・・

今回の熊本に行ったのは、サッカー観戦だけではなく久しぶりの休暇を満喫したかったって事もありまして♪

お酒でも飲んでゆっくりしたかったので最寄り駅諌早から、『JR2枚切符』を購入し新鳥栖経由で熊本駅に行き、熊本駅から在来線に乗り換えJRて光の森駅に向かいシャトルバスで『うまスタ』に向かいました。

JRkumamoto20131027.jpg

JR利用:長崎~熊本(@うまスタ)までの運賃

長崎→熊本10,900円(往復)・JR熊本→JR光の森280円(片道)・光の森→うまスタ(シャトルバス)200円(片道)

試合後は『うまスタ』から臨時バスで交通センター行きのバスに乗車して通り町筋で下車(料金300円片道)し髪を切りたかったので散髪に~('-'*)フフ

髪を切ってさっぱりしたら、帰りの電車及び食事中の暇つぶしのための文庫本を下通りの『ツタヤ書店』へ♪

simotoori20131027.jpg

熊本も長崎同様、大型書店は意外と少ないんですよね~「(゚~゚o)ウゥーン

文庫本を2冊購入して一息つきたかったので熊本下通りの入り口にある1975年から営業されている靴屋さんと同じ入り口で分かりづらいけど、地元の人で知らない人はいと思われる24時間営業されている老舗喫茶店『中川』へ♪

nakagawa20131027JPG.jpg

こちらのコーヒーにはホイップクリームが付いてきます('-'*)フフ

お店においてある週刊誌や新聞をめくりながらボーっとしてました(´ー`)y-~~

cofee20131027.jpg


私は前職での熊本転勤時ここから徒歩範囲の九品寺に住み水道町のオフィスに通っていたので懐かしいというか普通に熊本で暮らしていた当時の休日の過ごし方でなんとも。。。

ただ、違うのはこの後行く食事の場所か・・・これについてはまた後日・・・

熊本はほんとうにいい街なで来てはいよ・・・今は暮らしていないので行ってみなはいよ・・・か('-'*)エヘ

今日の名言

よいコーヒーとは、悪魔のように黒く、地獄のように熱く、天使のように純粋で、愛のように甘い。by シャルル・モーリス・ド・タレーラン



ブログ村ランキングに参加しています♪

「ポチッ」としてもらえたら励みになります♪ご協力、おねがいします♪

にほんブログ村 ライフスタイルブログ 田舎暮らしへ
にほんブログ村





スポンサーサイト

Comment

こんばんは^^
熊本も、本屋さん少なくなりました。。。
昔は、長崎書店、紀伊国屋書店など有ったんですが。。。

ほーこんな喫茶店初めて知りましたよ^^
あんまり、街に行かないもので。。。(汗)鶴屋までです!

  • 2013/10/31 23:19
  • りべろ
  • URL
街中はカフェばかりで昔ながらの喫茶店は激減し、外回り中にランチを食べマンガや週刊誌を読むことがなくなりました(〃´o`)=3

「来なはいよ」って聞いて、ばってん荒川さんを思い出してしまいましたf(^_^;
  • 2013/11/01 07:05
  • ラインバッカー
  • URL
こんばんは
熊本は若かりし頃出張で良く行ってました!(^^)!

健軍とか水道町も行ったことがありますよ(^^)v

村ポチ★

今日も一日お疲れ様でした。

コーヒーはカプチーノみたいなものでしょうか?
  • 2013/11/01 16:54
  • 大分ナシカ
  • URL
  • Edit
Re: タイトルなし
りべろ様

街もたまにはいいですよ♪

この喫茶店も何てことはないんですけど気をてらわない昭和のまんまの雰囲気が悪くないですよ♪
  • 2013/11/01 23:10
  • ron3par3
  • URL
Re: タイトルなし
ラインバッカー様

やっぱり喫茶店には新聞とか漫画とか週刊誌とかが付き物で、外回りの合間に一息ってのが良かったんですけどね~♪

ランチも喫茶店でナポリタンとかカレーとか(^_^)
  • 2013/11/01 23:15
  • ron3par3
  • URL
Re: こんばんは
大分ナシカさま

コーヒーはいたって普通のコーヒーです。

何の変哲も無いブレンドコーヒーにホイップクリームを浮かべて・・・なんてことないんですけど美味いですよ♪
  • 2013/11/01 23:17
  • ron3par3
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。