「うまかっちゃん 復刻版濃い味」に福岡のラーメン屋さんにありがちなトッピング具材を乗っけて食べてみた

正月、松の内も終わり普段の生活が始まり・・・お昼はズボラ飯の定番「うまかっちゃん」!!

昨年12月から期間限定で販売された「復刻版濃い味」に冷蔵庫にあるもので福岡のラーメン屋さんにありがちなトッピング具材を乗っけてみました。


定番の「辛子高菜」「紅ショウガ」「ゴマ」に加えて、久留米のの人気ラーメン店、龍の家風の「ビリ辛モヤシ」と久留米の古いラーメン屋さんの定番具材「ゆで卵」と「海苔」…間違いないチープな美味さです♪

20150108ramen2.jpg

うまかっちゃん 復刻版濃い味」は、1984年から2000年まで販売されていた商品らしいんだけど、記憶にないんですよね・・・

ちなみに「うまかっちゃん 復刻版濃い味」のお味はといいますと、ノーマル「うまかっちゃん」は、あっさり味に比すれば確かにしっかりした濃い味なのですが、通常、福岡の「とんこつラーメン」で「濃い」って言われた場合、ベースとなる「とんこつスープ」が「こってり」とか「濃厚」とかを意味すると思いますが、「うまかっちゃん 復刻版濃い味」の場合は調味料の味が効いた濃い味になっていますね~。

20150108ramen1.jpg

あえて、例えるならば、福岡のラーメン屋さんのテーブルの上にある各種トッピング、調味料をたっぷりいれて味濃くしたような感じかな。。。

ジャンクな味がインスタントラーメンらしくて私は好きですね~♪


スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。