麦畑の除草剤散布が終わったら「くつぞこ」で一杯♪

麦畑に「除草剤」を散布します。

麦の成育期の除草剤散布は雑草の種類に応じた薬剤の選択が必須です。

今年は、大豆作付け後の麦畑に広葉雑草が多く見受けられますので、「BASFバサグラン(ナトリウム塩)」を散布しました。

20150220basa1.jpg

例年、「アクチノール」を散布していましたが、同じ除草剤を毎年使い続けることで抵抗性雑草が発生する恐れがあることから異なる系統区分の除草を選択しました。

抵抗性雑草を発生させないためには、異なる除草剤をローテーションして使うようにします。

ローテーションする場合には、商品名が違う除草剤でも、中に入っている成分は同じ場合があります。

除草剤の種類に注意が必要で、中に入っている成分が異なる場合でも、雑草を防除するメカニズムが同じ場合には、ローテーションしてもあまり意味がありません。

20150220basa2.jpg

希釈した「除草剤」は「ブームスプレイヤー」に給水して散布します。

ちなみに今回散布した「BASFバサグラン(ナトリウム塩)」は、イネ科雑草には効果がありません。

20150220basa3.jpg

それにしても冬の麦畑は寒くてかないません。。。




20150222sakana.jpg

寒い日の作業を終えた週末の夜は、友人と地元の人気居酒屋「割烹多な可」で「くつぞこの唐揚げ」などをつつきながら「焼酎のお湯割り」♪

ちなみに「くつぞこ」とは、有明海地方で舌平目のことを指します。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。