農業用水路の木柵工事

はたらくじどうしゃ。

ユンボ」です。

20150224moku2.jpg

昨日は、お友達の、のりみくんの「ユンボ」を借りて、町内のおじいさん達と僕らが作付けしてる田んぼの「木柵工事」をしました。

ユンボ」のバケットがビュンビュンして怖かったです。。。

「危ないッ‼︎」と何回も言いましたが、ユンボの運転をするおじいさんは「ビュンっていくもんにゃ~」としか言いません。。。

20150224moku3.jpg

とりあえず、だれもケガがなかったのでよかったです。

だけど、やっぱり素人仕事の仕上がりです。。。

20150224moku4.jpg

こちらは、ながさき農業農村整備推進計画の取り組みのひとつかな…私達の田んぼのひとつで土手が崩壊寸前の農業用水路の「木柵工事」の仕上がり。

木柵工法」は昔から実績があり、耐用年数を考慮してもコンクリートより安く、間伐材を使うことで、山の保全にも貢献できるらしいです。

20150224moku1.jpg

さすがプロの仕事と納得させられる仕上がりで、見た目も味気ないコンクリートの土手よりもキレイですね♪

ただ、「木柵」の耐用年数が約10年ということと、工事着工規模から考えたら永遠に続く工事のように思えてしまいます。。。
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。